皇室文化・美意識の到達点。当日申し込みで、修学院離宮に行ってみた!

修学院離宮 国内
どん
どん

修学院離宮は、京都市郊外にある庭園。
もとは後水尾上皇の別邸で、宮内庁が管理しています。
広大な敷地に、見事な庭園が広がっていました。
当日参観申し込みで、参観してきました。

YouTube,始めました!どんチャンネル」チャンネル登録お願いします。

 

 

スポンサーリンク

皇室文化・美意識の到達点。当日申し込みで、修学院離宮に行ってみた!

 

 

予約必須の修学院離宮の参観。

修学院離宮の参観は予約が必要です。
予約方法は、以下の三つの方法でできます。
・インタネット
・郵送
・窓口

この中でネットでの申し込みが一番簡単だと思います。
ネットからだと混雑状況、空き状況が確認できます。

 

 

修学院離宮の参観は、1日5回あります。
時間は以下の通り。

 参観開始時間  9:00、10:00、11:00、13:30、15:00  計 5回
 定    員  各回 50名
 参観所要時間  約 80分

*参観は無料です。

 

修学院離宮 当日参観に申し込んでみた。

京都旅行を計画した段階でネットで確認すると、
行きたい日程は、すでに予約はいっぱいでした。
それでも参観したいので、当日申しこみにかけて、修学院離宮に行きました。
当日参観申し込みの場所は、
修学院離宮の表総門の前です。

修学院離宮に到着したのは、10時前。
受付開始の1時間以上前に行きましたが・・・。
到着時点で、15:00の回の最後の二枠しか空いていませんでした。
当日受付枠は、各回35名。
ギリギリでしたが、何とか当日申し込みで参観予約できました。

 当日申し込み可能参観回  受付開始時間  受付枠
 13:00、15:00  11:00ごろ  各回 35名

 

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

当日予約は、13:30の回と15:00の回の2つ。
先着順に受け付けるので、
到着時点では、15:00の回しか空いていませんでした。
13:30の回で参観するには、結構前から入口に並ぶのがいいと思いました。

当日申し込み手続きはは11時から。
それまで、入口のベンチでじっと待ちます。
(*受付には身分証明書が必要です)
受付手続きを待っている間のお手洗いは、
担当の人にいうと、施設内のものを貸してもらえるようでした。

 

参観の受付手続きを終えたのは、11時15分ごろ。
それから、15:00の参観まで時間をつぶさないといけません。
まわりは閑静な住宅街なので、時間をつぶすような施設はあまりありません
あらかじめその予定を決めてきたほうがいいと思います。

この時は、比叡山の頂上に行って、15:00前に戻ってきました
あらかじめ、15:00の回しか空いていないことを想定して、
比叡山の頂上まで行って戻ってくる予定を考えていました。

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

 

美しい修学院離宮を参観

修学院離宮は3つの庭園があります。
下離宮・中離宮・上離宮
参観はそれらを、上記の順番にまわります。
広大な敷地に3つの庭園が離れて配置されているので、
参観は、まぁまぁ歩きます。
なので、参観には歩きやすい靴がいいと思います。

3つの庭園をつなぐ通路の松並木も見事でした。
歩いている途中から見える遠くの山々の景色や、
近くの田畑の風景も趣があってよかったです。
この景色を無料で参観できるので、早起きしていく価値ありです。

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

下離宮

まず最初に参観する庭園。
入口から御幸門を通って、入っていきます。
一段高い場所にあって、中に入るまでは、
庭園の様子は見えないので、期待が高まります。
「寿月観」という建物と庭がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

中離宮

次に参観するのが中離宮。
下離宮からは少し離れていて、松並木を通って行きます。
その松並木の景色とまわりの田んぼや山々の景色もよかったです。

中離宮には、「楽只軒」「客殿」という建物があって、
高低差を利用した庭園がありました。

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

上離宮

最後に参観するのが上離宮。
山の斜面が迫る場所に、「浴龍池」という池があり、
その池を一回りする感じで参観します。

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

浴龍池のまわりの風景がとにかく素晴らしくて、
いつまでも眺めていたかったです。
(時間が限られているので、じっくり見てはいられませんでした)
少し歩くと、違った風景が表れて、いくら時間があっても足りないほど、
絵になる風景ばかりで感激しっぱなしでした。

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

どんメタボ(@don_metabo)がシェアした投稿

 

 

修学院離宮 まとめ

俗世間から離れて、ゆっくりと時を刻んでいる庭園。
広大な敷地にある庭園で、周りの山々と溶けあって、見事な風景でした。
特に「浴龍池」の周辺の景色は、生で見られて本当に感動しました。

限られた旅行の時間を割いてでも、訪れる価値はあると思いました。

 

 住所  〒606-8052 京都府京都市左京区修学院藪添
 HP  http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/shugakuin.html
 参観休止日  月曜日・年末年始

▼修学院離宮の場所

コメント

タイトルとURLをコピーしました